FishyFishy!とFishyFishy2,iOS版とAndroid版が全てリリースされました!

  • FishyFishy!: 学習機能が次々と強化されつつある英単語学習用知育アプリFishyFishy

  • FishyFishy!のiOS版はAppStoreから(←クリック)無料でダウンロードできます.2018年10月20日に最新バージョン1.55となり,事後学習機能がアップしました.FishyFishy2と使い比べてみてください.
  • FishyFishy!のアンドロイド版はGoogle Play ストア(←クリック)から無料でダウンロードできます.2018年10月31日に最新バージョン1.55として初リリースしました.

 

  • FishyFishy2: アクアリウム機能が次々と強化されつつある英単語学習用知育アプリFishyFishy

  • FishyFishy2のiOS版が2018年10月24日にリリースされました!ダウンロードは AppStoreから(←クリック)無料でダウンロードできます.
  • FishyFishy2のAndroid版が2018年10月31日にリリースされました!ダンロードはGoogle Playストア(←クリック)から.

東京ゲームショウ2018に出展しました

2018年9月20日(木)から23日(日)に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2018でFishyFishy!を展示しました.主催者の発表によると,29万人を超える来場者があり,史上最大だったとのこと.FishyFishyは日本大学生産工学部数理情報工学科の伊東先生のVRサイクリングシミュレータと一緒に展示しました.また来年,最新のFishyFishy及びその他様々な知育ゲーム等を展示したいと思います.

本サイトmediadesignlabs.orgについて

本サイトは,日本大学生産工学部数理情報工学科の古市研究室(以下古市研またはFuruichi Lab.と呼ぶ)が研究の一環として開発したシリアスゲームを紹介及び配布し,ユーザに対するサポート等を目的としたウェブサイトです.現在は,英語学習を目的としたシリアスゲームFishyFishy及びFishyFishy2を配布するための準備をしています.また,我が国におけるシリアスゲームの認知度向上を目的として実施しているシリアスゲームジャムについての情報発信も,本ウェブサイトの中で行っています.

FishyFishy及びFishyFishy2について

FishyFishy は,英語の語彙能力向上を目的としたシリアスゲームです.我が国では中学1年から英語学習を始め(2020年には小学3年から学習を始めます),大学を卒業する時には10年間学んでいるにもかかわらず,社会に出てから現場で使える英語を話せない人が多いことが問題となっています.そのため,企業においては社員のTOEIC受験を推奨し,昇進等の条件としている企業もあり,英語学習のための教材は書籍やアプリ等多数あります.しかし,本人の高いモチベーションが高くない限り長続きしない事が多く,通勤時等に楽しむ小説やゲームのように,長期間継続する不思議な力を備えた英語学習教材が求められてきました.

FishyFishyはこのような社会のニーズに応える一つのソリューションとして,古市研究室の学生久保田大輝,Naomi Nazarと齋藤咲子が2016年4月から2017年3月まで開発したシリアスゲームです.その後FishyFishyをベースに,大井朋子,坂口穣とDaniel de Lucaが2017年4月から3月まで拡張し,Android版とiOS版のリリースを達成したものがFishyFishy2です.

FishyFishy2の学習用コンテンツは(株)Lexxicaが提供するWordEngineを利用し,学習者の英語レベルに合わせたコンテンツが自動的に出されます.WordEngineが備えている語彙はネイティブスピーカ自らも学習できる難易度まで備えているため,どれだけ長期間学習しても,学習用コンテンツがなくなることはほぼありません.また,長期間継続して実施するためのゲーム部分は,幅広い年齢層に人気があるアクアリウム型のゲームです.

さぁ,皆さんも英語を学んでFP(Fish Point, 学習することによって得られるゲーム中で魚や餌を購入するために使えるポイント)を獲得してみませんか?知らぬうちにTOEICの得点がアップしていることに皆さんはビックリすることでしょう.

As the companies and organizations are more getting globalized, human resources required by them are expected to have global skills such as communication skills in English. Therefore, English proficiency test such as TOEIC is getting more popular, and vocabulary takes the most important role in studying English for TOEIC. Although there are many study materials for English vocabulary such as texts, applications and e-learning systems, but keeping motivation of learners has to be taken into account. In our former study, we have focused on introducing features of game to keep the motivation, and we have developed prototype of FisyFisy. In FishyFishy, we have introduced functionality of learning, but the game part was just a simple fish collecting game. In this study, in order to introduce more game play to FishyFishy, we have introduced “feeding”, “health power” and “luck of selecting fish”, and named it FishyFishy2.