SGJ8開催概要

SGJ8開催概要

日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)ゲーム教育研究部会では,2019年12月に第8回シリアスゲームジャム 「ゲームの力で世界を救え! みんなのバリアフリー(3)」を開催いたします.

シリアスゲームジャムとは,社会における様々な課題をゲームのチカラで解決することを目的とし,専門家とゲーム開発者と学生らが力を結集して短期間でシリアスゲームを制作するイベントです.第8回目となるSGJ8で取り挙げる課題は,世の中の各所で障害者,高齢者,健常者等の間に存在するバリア(英語ではaccessibility)の解消.バリアに対する理解が向上し,皆が共通の土俵で競うことができるシリアスゲームを開発することがSGJ8のテーマです!

日時

  • 2019年12月8日(日)13:00〜18:00 -テーマ説明,チーム編成-

  • 2019年12月14日(土)9:00〜,15日(日)18:00 -制作,発表会等-

参加者の皆さんには原則3日間全部参加していただきますが,海外等遠方からの参加者の場合は,14,15日だけの参加も可能です.その場合,8日に実施するチーム編成は,参加申込み時の情報に基づいて実行委員が不参加の方の割り振りをします.

会場

(株)ビサイド

〒190-0012 東京都立川市曙町2-4-3 TISビル2F

参加申込み

(期限: 12月2日(月)17:00日本時間)

メディア等取材申込み

(別途日時等を調整させていただきます)

参加費

  • 日本デジタルゲーム学会の会員または海外からの参加者は無料
  • その他参加者は,2,000円分の飲み物と菓子類を持参のこと(3日に分けて,ご自分の分も含めてご持参下さい,皆でシェアします)

主催

・日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)ゲーム教育研究部会

会場提供・特別共催

(株)ビサイド

SGJ8実行委員会

実行委員長:粟飯原萌(委員長)

副実行委員長:日本大学 生産工学部 古市昌一(副委員長)

実行委員

  • 岸本好弘 遊びと学び研究所
  • 田中栄一 国立病院機構八雲病院 作業療法士
  • 三田村勉 TANOTECH(株)社長
  • 松尾学  マツソフト(合)代表 他

委員は今後増えます

furuichi

コメントは受け付けていません。
ツールバーへスキップ