作品5 The Gingerbread Man       ” への4件のフィードバック

  1. ・名前(ゲームタイトル)が気に入りました,The Gingerbread Man, アンパンマンみたいでとても良いです!ストーリとしては「昔話し」でも悪くないと思いますが,小学校3年生以上を対象とするとしたら,ペラ企画書の中でも示されている「Cooking」が良いのではないでしょうか.Cookingであればシナリオ/ステージを追加するのも容易ですし,私はcookingをテーマにすると良いと思います.

  2. インタラクティブなストーリーテリングをもとに、レーディング、スピーキング、リスニングを学習できる設計で、とてもよいと思います。どのようなストーリーテリングになるか楽しみです。ライティングも学習できる要素があったら、よりよいと思います。

  3. 複数の要素が混在しているので(ストーリーゲーム、アクションゲーム、実際に料理をする)、一つに絞った方が良いでしょう。「もし時間があれば~」という書き方がされていますが、ゲームジャムではそんな余裕はありませんので・・・。また、ストーリーゲームの場合は表示言語が英語メインなのか、日本語メインなのか、最初に決めておいた方が良いと思います。ちなみに英語メインだと、子どもはおろか、親御さんでさえ敬遠されると思います。一方で日本語メインだと、どのように英語を学ぶ要素を加えるのか、再検討が必要です。最後に「Gingerbread Man」という設定で、どの程度(日本の)子どもが食いつくのか疑問です。ジャストアイディアですが、誰もが知っている日本の昔話をベースにしたビジュアルノベルにしてしまい、英語の選択肢によって内容がさまざまなパロディに変化していく・・・などであれば、何度も遊んでもらえるのかなと思います。

  4. レーディング、スピーキング、リスニングを学習する要素が含まれているということで、親も学習できるようですね。
    Cookingをゲームの中心になった場合、料理で用いる単語やフレーズに特化した出題にすると面白そうです。

コメントを残す