第6回「シリアスゲームジャム ゲームの力で世界を救え!
~えいごでコミュニケーション English Please~」開催報告

日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)ゲーム教育研究部会では、2017年12月16日(土)、17日(日)に第6回シリアスゲームジャム ゲームの力で世界を救え!~えいごでコミュニケーション English Please~を開催いたしました。

———————————————————————————-

本SGJ6では、親子のコミュニケーションのなかで「英語は楽しい」とおもうシリアスゲームの作成を目指した。

テーマについて-About Theme of SGJ6-

対象ユーザ:日本語しかわからない小学生(3年生)子供とご両親
解決すべき課題:

・親子のコミュニケーションのきっかけづくりや、伸長を目指す
・児童に「英語は楽しい!」という気持ちを持たせる

第6回シリアスゲームジャムで開発された企画書

  • Team name:ProjectD

SGJ6 PERACON  エントリー作品Entered document)

——————————————————————————–

主催:日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)ゲーム教育研究部会
共催・会場提供:(株)ジェイ・クリエイション
実行委員長:日本大学生産工学部 粟飯原萌
日時:2017年12月16日(土)、17日(日)
日程 -process and time line of the 6th serious game-

  • 応募資格:ゲーム制作,ゲームジャム及び親子のコミュニケーションに興味・関心のある学生(留学生を含む.専門学校生,大学院生も大歓迎),社会人(プロを含む)
    Qualificatoin: People who are interested in game development and the study of foreign languages (Students including international students, office workers including professionals, all are welcome).
  • 募集人数: 30人 (応募者多数の場合は抽選)
    Maxmum number of attendants is 30           [さらに詳しい情報 more infomation]

参加登録者数:26人
ペラ企画書投稿数:7個

——————————————————————————–

事前講義ビデオ Lecture video–  Now on the air!

—————————————————

参加申し込み(11月6日まで延長)
-SIGN UP for SGJ6-

—————————————————

SGJ6シリアスゲームジャムに参加するにあたり,過去5回実施したシリアスゲームジャムのサイトが参考になります.

過去のシリアスゲームジャムについて