報道機関等各位

報道機関各社様向けの開催案内です.引用して自由に関係者への送信等で利用下さい.

報道関係者・見学希望者各位
プレスリリース            
日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)  ゲーム教育研究部会


第5回「シリアスゲームジャム ゲームの力で世界を救え! ~ みんなのバリアフリー ~」

日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)ゲーム教育研究部会では,第5回
「シリアスゲームジャム ~ みんなのバリアフリー ~」(略称SGJ5)を12月
10~11日に東京で開催いたします.

シリアスゲームとは,エンタテインメントを目的としたゲームとは違い,
シリアス(真面目)な社会問題の解決・啓蒙等のために制作されたゲーム
のことです.SGJ5では,シリアスゲームで解決すべき課題として"バリア
フリー"をテーマとし,専門家の知識に,ゲーム開発者や学生らの力を
結集し,企画コンテスト(SGJ5ペラコン)にエントリされた16の作品の中
から選ばれた5つのシリアスゲームを2日間で制作します.

今回は,ゲーム制作を日本で学ぶ海外からの留学生も参加し,言語のバリア
もジャムを通して超えます.募集定員が35名のところ40名の応募があり,そ
れぞれのスキルを考慮した5つのチームに分かれ,11月21日(月)からジャムに
向けての事前準備中です.参加者の出身国はオランダ,スウェーデン,サウジ
アラビア,中国,日本の5カ国で,16の各組織から参加します.

SGJ5開催期間中,以下の時間帯に記者会見及び見学の時間を設けます.
また,ご要望に応じて任意の日時に取材・見学をすることも可能ですが,
必ず事前の日時調整が必要ですので,問合せ先担当者とご調整下さい.

ホーム・ページ → http://www.mediadesignlabs.org/SGJ5/
取材申し込み  → http://bit.ly/2gQM5NI

【記者会見及び見学】

日時:12月11日(日) 15:00~15:10(記者会見)
          15:10~   (制作の様子を見学)
          16:00~   (チーム別発表会,試遊会)
          17:45~   (成績発表,表彰式)

※その他日時の取材も可能です,問い合わせ先担当者とご調整下さい


【制作する作品】
※企画コンテスト(SGJ5ペラコン)にエントリされた16の企画書から5つを実行委員により選考
作品 01 バリアーからの脱出VR
作品 02 助けて!見え猿聞こえ猿!
作品 03 音
作品 04 ゴーゴンの館 
作品 05 Go!ペティルGo!

企画書の閲覧 → http://bit.ly/2fL3t4s

【開催概要】
日時: 2016年12月10日(土)~11日(日)
会場: (株)ビサイド (東京・立川)
参加者:40名
主催:  日本デジタルゲーム学会(DiGRA)ゲーム教育研究部会
共催: NPO法人 PADM
特別共催:(株)ビサイド
後援: 
   一般財団法人 デジタルコンテンツ協会 
   オランダ王国大使館
実行委員:
   日本大学生産工学部 古市昌一(委員長) 
   東京工科大学 メディア学部 三上浩司,岸本好弘
   専修大学ネットワーク情報学部 藤原正仁
   NPO法人 国際ゲーム開発者協会日本 (IGDA日本) 小野憲史
   サイバーズ(株),NPO法人 IGDA日本 中林 寿文
   日本大学 生産工学部,DiGRA Japan 粟飯原萌
   NPO法人 PADM 織田友理子
   島根大学総合理工学研究科 伊藤史人
   国立病院機構 八雲病院 作業療法士 田中栄一
協力:
   NPO法人 国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
   (株)東京技術計算コンサルタント
   (株)Asian Bridge
   (株)市川ソフトラボラトリー
   日本大学生産工学部
   東京工科大学メディア学部
   島根大学総合理工学研究科
   国立病院機構 八雲病院

問合せ先: 日本大学生産工学部 古市(furuichi.masakazu[あっと]nihon-u.ac.jp)

開催案内(簡易版:メール等に引用してご利用ください)

第5回「シリアスゲームジャム ゲームの力で世界を救え! ~ みんなのバリアフリー ~」

日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)ゲーム教育研究部会では,
第5回「シリアスゲームジャム ~ みんなのバリアフリー ~」(略称SGJ5)を
本年12月に開催いたします.SGJ5では,シリアスゲームで解決すべき課題
として”バリアフリー”をテーマとし,専門家の知識に,ゲーム開発者や学生ら
の力を結集し,2日間でシリアスゲームを制作します.今回は,ゲーム制作
を日本で学ぶ海外からの留学生も参加し,言語のバリアもジャムを通して
超えられます.募集定員は35名と限りがあります,お早めに参加をお申し
込み下さい.

HP:http://www.mediadesignlabs.org/SGJ5/

【開催概要】
日時: 2016年12月10日(土)~11日(日)
会場: (株)ビサイド (東京・立川)
募集定員:35名
 - 参加者募集中(締め切り:11月4日(金)正午)※若干名追加募集中
 - SGJ5ペラコンエントリ受付中(締め切り:11月7日(月)正午)
主催: 日本デジタルゲーム学会(DiGRA)ゲーム教育研究部会
共催: NPO法人 PADM
特別共催:(株)ビサイド
実行委員:
   日本大学生産工学部 古市昌一(委員長) 
   東京工科大学 メディア学部 三上浩司,岸本好弘
   専修大学ネットワーク情報学部 藤原正仁
   NPO法人 国際ゲーム開発者協会日本 (IGDA日本) 小野憲史
   サイバーズ(株),NPO法人 IGDA日本 中林 寿文
   日本大学 生産工学部,DiGRA Japan 粟飯原萌
   NPO法人 PADM 織田友理子
   島根大学総合理工学研究科 伊藤史人
   国立病院機構 八雲病院 作業療法士 田中栄一
協力:
   NPO法人 国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
   オランダ王国大使館
   (株)東京技術計算コンサルタント
   (株)Asian Bridge
   (株)市川ソフトラボラトリー
   日本大学生産工学部
   東京工科大学メディア学部
   島根大学総合理工学研究科
   国立病院機構 八雲病院
   ※協力各社・各組織募集中

問合せ先: 日本大学生産工学部 古市(furuichi.masakazu[あっと]nihon-u.ac.jp)
                        
                        

問合せ先: 日本大学生産工学部 古市(furuichi.masakazu[あっと]nihon-u.ac.jp)


Top